2009年7月号 特集 不確実性に克つ「科学的」思考 記事詳細

■ 特集 不確実性に克つ「科学的」思考

行きすぎた標準化を問い直す アートすべき時、科学すべき時

この数十年、製造業のみならず、さまざまなサービス業が、バリューチェーンのあらゆる部分で科学的手法によるプロセスの標準化を推し進めてきた。ところが、このような科学的なプロセス管理よりも、個人の経験、人間ならではのスキルや能力といった、言わば「アート」の力のほうが優れた成果をもたらす領域がある。スタインウェイ・アンド・サンズ、ザ・リッツ・カールトン、ミニット・クリニック、マサチューセッツ総合病院(MGH)などの例を挙げながら、ポスト・モダンのプロセス・マネジメントについて考える。


ジョセフ・M・ホール   ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 客員准教授

PDF記事:11ページ[約2,675KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking