2009年7月号 特集 不確実性に克つ「科学的」思考 記事詳細

■ 特集 不確実性に克つ「科学的」思考

なぜ今日の信用危機を予測できなかったのか 金融リスク管理の落とし穴

「過去のデータからリスクを予測している」「バリュー・アット・リスクでリスクを評価している」「リスク・ヘッジ手段のリスクを見落としている」など、一見万全なリスク・マネジメントにも、思わぬ落とし穴がある。実際、今回の経済危機はだれにも予測できなかったことであり、リスク・マネジメントのあるべき姿が問われている。ロシアの経済危機から運用破綻に陥ったヘッジ・ファンドのLTCM、資金不足から他行との合併を余儀なくされたスイス・ユニオン銀行、サブプライム・ローン問題で破綻したベアー・スターンズなどの例から、なぜリスク・マネジメントが失敗したのか、その原因を洗い出し、今後どのようにリスクを管理すべきなのかを考える。


ルネ・M・スタルツ   オハイオ州立大学 フィッシャー・カレッジ・オブ・ビジネス 教授

PDF記事:14ページ[約2,582KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking