2009年7月号 特集 不確実性に克つ「科学的」思考 記事詳細

■ 特集 不確実性に克つ「科学的」思考

【新訳】 四段階に分けて適切な戦略と行動を選択する 不確実性時代の戦略思考

事業環境の不確実性を「高い」か「低い」のどちらかで考えてしまうと、自分の事業計画を通そうとバラ色の未来を描いたり、逆に過剰に身構えてビジネスチャンスを逃したりする。筆者らは、不確実性を「確実に見通せる未来」「他の可能性もある未来」「可能性の範囲が見えている未来」「まったく読めない未来」の四段階に分け、段階ごとに複数のシナリオを用意し、それぞれのシナリオに応じて打ち手を考える必要があると訴える。また、打ち手によっては、不確実性のレベルを上げたり、下げたりすることも可能であるという。


ヒュー・コートニー   メリーランド大学 ロバート・H・スミス・スクール・オブ・ビジネス 教授

ジェーン・カークランド   カークランド・パートナーズ 創立者

パトリック・ビゲリー   マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

PDF記事:18ページ[約3,017KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking