2009年7月号 特集 不確実性に克つ「科学的」思考 記事詳細

■ 特集 不確実性に克つ「科学的」思考

第三のリスク・マネジメント革命 正しいリスクは競争優位の源泉

あらゆる企業がリスクから逃れられない。あまり賢くない企業は、リスクというリスクを減らそうとするが、「ハイ・リスク/ハイ・リターン」といわれるように、リスクはそもそも、損失だけでなく利益をもたらすものである。ただしそれは、本来負うべき「正しいリスク」の場合に限られる。「不確実性時代」の経営とは、その字義どおり、いかにリスクを管理するかにほかならない。本稿では、正しいリスクを特定し、管理することが、競争優位をもたらし、持続的成長に貢献することを解説する。


ケビン・S・ビューラー   マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

アンドリュー・フリーマン   マッキンゼー・アンド・カンパニー シニア・エキスパート

ロン・ハルマー   カールソン・キャピタル CEO

PDF記事:14ページ[約2,278KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking