柔道選手も一緒になって、
コマツの坂根相談役がパステル画に初挑戦

DHBR新連載「リーダーは『描く』」の取材現場レポート

1

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの連載「リーダーは『描く』」。11月号はコマツ相談役の坂根正弘さんにご登場いただきました。坂根さんと一緒に描いたのは、3人の社員とオリンピック金メダリストです。飛び入り参加者も登場したワークショップは、どのように進められたのでしょうか。

 

メダリストも並ぶ華やかなワークショップ

 溜池交差点からほど近いコマツ本社の一室。ここが今回の「描く」の舞台です。9月初旬のこの日、参加者が三々五々会場にやってきます。秘書室の前田智子さん、岩谷真理子さんと、コーポレートコミュニケーション部広報グループの佐藤輝さんという、普段から相談役の坂根正弘さんの周りで仕事をしている社員の方々です。そして、3人がなごやかな表情で雑談を交わしているところに、場をいっそう明るくさせる方が入ってきました。

 谷本歩実さんです。

 ご存知の通り、谷本さんは63kg級で活躍した柔道家です。2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪をオール1本勝ちで連覇するなど、圧倒的強さを誇りました。2010年に現役を引退してからは、古巣のコマツ女子柔道部で選手の指導にあたっています。今回のワークショップへの参加は、コマツ女子柔道部の創設に関わった当事者で、現在も部の顧問を務める坂根さんのご指名だったとか。谷本さんのクルクルとよく動く人懐っこい目と弾けるような笑顔は、会場を華やかな空気に染めていきます。

 この日は、思いがけず2人の飛び入り参加もありました。8月下旬にカザフスタンで開催された世界柔道選手権大会に出場した浅見八瑠奈さんと田代未来さんです。すでに2度の世界王者に輝いている浅見さんは、今回も金メダルを狙いましたが、決勝で僅差で敗れ、惜しくも銀メダルでした。田代さんは、谷本さんと同じ階級で21歳の伸び盛り。今回は銅メダルを獲得しています。

 女子柔道部に所属するおふたりは、この日たまたま坂根さんのもとに世界選手権の報告に訪れていたのですが、「せっかくだから見ていけば」と誘われ、恩師であり、世界柔道の日本チームのコーチも務める谷本さん、そして坂根さんのワークショップの様子を見学にやってきたのです。

 最後に坂根さんが登場し、参加者はすべて揃いました。

 

 

 

次のページ  絵の印象は見る人によって、まったく違う»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
リーダーは「描く」」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking