会社は何のために存続させるのか

対談:青野慶久(サイボウズ社長)×篠田真貴子(東京糸井事務所CFO)【前編】

1

常に新しい働き方を提案してきたのがサイボウズ。社長の青野慶久さんは、自分がいなくなった後の企業の存続は次世代の人に託すという。リード・ホフマンらの著書『ALLIANCE アライアンス』の刊行を機に、監訳者である「ほぼ日」の篠田真貴子さんとの対談から、新しい働き方を考える。

 

コミットメント期間を定めることで、
会社と社員の関係はより良くなる

青野:ALLIANCE アライアンス』を読んで「コミットメント期間」という考え方は、まだサイボウズにはなかった発想なので参考になりました。人事に「すぐ読め」と言ったほどです(注)。

篠田:たしかに、コミットメント期間はこれまでにない新しい発想ですよね。

写真を拡大
青野 慶久(あおの・よしひさ)
サイボウズ株式会社代表取締役社長。
大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現パナソニック)に入社。BA・セキュリティシステム事業部営業企画部での勤務経験を経て、1997年に愛媛県松山市にサイボウズを設立、取締役副社長に就任。「サイボウズ ガルーン」など、新商品のプロダクトマネージャーとしてビジネスを立ち上げた後、事業企画、海外事業担当を務める。2005年4月より現任。育休を3度取る3児の父。

青野:ええ。日本では会社との契約が終身雇用を前提とすると勘違いされがちですが、実際には転職する人はかなりの数にのぼります。きちんとコミットメント期間を作れば、会社も社員もお互い気持よく働けるし、区切りもつくからリフレッシュできて、いい関係がさらに継続できると思いました。しかも、すべての社員が一律にコミットメント期間を設定するという話ではなく、会社の継続性を担保する人、変化を生み出す人、会社の規模の拡大を担う人それぞれにとって、合理的な期間でコミットする考え方がいいですね。

篠田:会社に一生を捧げる人は、社長や役員に限らず、現場にも必ずいます。そういう人は現場で会社の大事なものを脈々と伝えています。私が最初に入った会社(編集部注:日本長期信用銀行)では、地方の支店に勤続30年のようなベテランの女性がいらっしゃいました。その方たちは若いころ、新入社員として入って来た東京出身の若者に先輩として仕事のイロハを教えてました。やがて彼らは転勤していきますが、20数年後に支店長として戻ってくることがあるんです。「支店長が新人の頃、こんなことがあってね…」などと、ベテランになったそうした女性たちが今の若手に語ってきかせる。地域の中でも銀行の身近な顔になっていたかたもいたでしょう。その方たちは、入社当初は規模の拡大に寄与する社員、替えのきく社員という位置づけだったかもしれませんが、結果的に、継続性を担保するコミットメント期間に移行していったのです。

青野:面白いですね。現場に長くいる人はまさにそういう存在です。継続性を担うという役割を認識したうえでコミットしているんですね。

篠田:そうなんです。この本はシリコンバレー発の本なので、どうしても変革を起こす人との関係に多くを割いています。でも、その本質は会社の継続性を担保する人と、会社の規模を拡大する役割を担う人と、そして会社に変革をもたらす人との組み合わせをどうするかという話だと思いました。

【注】「コミットメント期間」とは企業と人がお互いの成長への希望を聞き合ってコミットし合い、仕事の目標と期間を明確にして、業務をすすめる考え方。

次のページ  サイボウズの変革は、外部人材と社内のアウトサイダーから始まった»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking