顧客ニーズに合わせるだけでなく、
現場発でみずからニーズをつくる

——YKK代表取締役会長CEO・吉田忠裕

1
2015年10月13日・14日、“マーケティングの神様”と称されるフィリップ・コトラー氏が中心となり、「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン 2015」が東京で開催される。昨年に続きサミットに登壇するYKK代表取締役会長CEO・吉田忠裕氏は、米国留学時代からコトラー氏の薫陶を受けている人物である。吉田氏は、いかにしてYKKをグローバル企業へと成長させたのか。インタビュー後編。(構成/加藤年男、写真/鈴木愛子)
 

会社を知るには、
現場を見て、現場の人間と話す

御社はいくつものグループ会社を抱えていますが、吉田さんのメッセージをどのように浸透させているのでしょうか。

吉田忠裕(以下略) 実は、8月中旬に引っ越し、新社屋では、これまで分散していたグループの社員が一堂に会します。

 同じグループでも、会社や事業所が異なるとコーポレート・カルチャーが違ってくるものです。たとえば、外国のお客さまに対応する事業所では、あちこちで外国語が飛び交っています。また、女性も非常に多い。一方、本社の経理・財務部門は、外国語どころか日本語も話さずに黙々とデスクに向かっています。さらに、建材を扱う現場仕事が中心の社員もいる。

 それらが一堂に会したらどうなるか。新社屋ではいろいろな問題が起こることでしょうね(笑)。

異なるカルチャーが交わることによる衝突を防ぐための対策は立てていますか。

吉田忠裕(よしだ・ただひろ)
YKK 代表取締役会長CEO
1969年慶應義塾大学法学部卒業、72年ノースウエスタン大学経営大学院(ケロッグ)でMBAを取得。同年、吉田工業(現YKK)に入社。85年副社長、90年にYKKアーキテクチュラルプロダクツ(現YKK AP)社長を兼任、93年YKK代表取締役社長、2011年よりYKK代表取締役会長CEO、YKK AP代表取締役会長CEOに就任。

 いえ、まったく立てていません。それよりも、どのような現象が起こるかを見届けたいと思っています。当然、衝突は起こると思いますが、それをよい方向に向かわせたい。

 多様な人間が一つの組織で働くためには、日常生活のなかに刺激と緊張感が必要です。たとえば、当社では昔から、社員食堂は給食センターに委託せず、社員がチーフになり、管理栄養士も入れながらメニューを考え、料理人を採用してすべてを自前でつくります。

 私も社員たちと一緒に食べますが、チーフとは約束事があります。それは、おいしくないとわざと残すことです。私は量も食べますし、好き嫌いもありませんが、おいしくないときはそれをメッセージにしています。昼食一つ取っても、そうしたルールがあることで、互いの日常に刺激や緊張感が生まれますよね。そこが狙いなのです。

 新社屋では、上の2つの階にYKK、下の2つにYKK APが入居します。私の意向で、事務所フロアはすべて緩い階段でつなげて、エレーベータに乗らずに行き来できるようにしました。両方の会社に、歩いてすぐに行けるようにしています。

 それぞれの会社の社長は階段から一番遠いところに席を置いている。私がフロアに入ったとしても、すぐに顔を会わさずにすむようにしたのかと勘ぐっていますが(笑)、私はこれを歓迎しています。社長に用があるときは社員の机の間を縫って歩くことになるからです。それによって、社員と会話をする機会が増える。もともと社員とはよく話すほうですが、これまで以上にコミュニケーションが図れると期待しています。

 当社でも肩書き上のヒエラルキーはあるものの、私はそれをなくそうと努めてきました。まだ上のほうは残っていますが、下にいくほどなくなっています。若い人が強いので、上司はよく突き上げられていますよ。私に対しても、若い人はよく話をしてくれます。

吉田さんが現場とコミュニケーションを図ることで、本質的な問題点や改善すべきことに気づかれたりする機会が増えるということですね。

 格好よく言えばそうですが、実際は「昨日、何食べた?」という程度の話が多い。ただ、それもコミュニケーションには違いありません。会社がいまどう動いているかを知るには、現場を見て、現場の人間と話すことが最も確実です。

 上下関係のない議論をすべきであるという考えは、当社の社風でもあります。昔の取締役会は典型例ですね。先代の吉田忠雄は、ただ会議をやるだけではもったいない、議論のプロセスこそが勉強になるのだから、新入社員も労働組合もすべて参加させてしまえと、工場の全員を集めて会議のようなことをやっていました。

 朝から始めて、そのまま夕方まで。時間がたっぷりあるから議論が弾む、弾む(笑)。まるで格闘技のような激しい議論になることもありました。

次のページ  みずからニーズをつくれなければ、時代に取り残される»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking