なぜグーグルは社員をとことん信じるのか
――書評『ワーク・ルールズ!』

1

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部がおすすめの経営書を紹介する本連載。10回目は、グーグルの人事責任者が書いた『ワーク・ルールズ!』を取り上げる。

グーグルの人事制度は徹底的にデジタル

 グーグルの人事制度と言えば、「最高の人材を獲得する」「勤務時間の20%を自由に使える」など、一般企業とかけ離れたエピソードがいくつも並ぶ。昨年発売された『How Google Works』では、同社会長のエリック・シュミットが、「トップの仕事で人材獲得が最も重要」と紹介し大きな話題となった。

 それに続き、ついに同社の人事責任者がグーグルの人事制度を余すことなく紹介した。それが本書『ワーク・ルールズ!』である。

 そもそもなぜこれほどまでにグーグルは注目されるのか。それは彼らの理念、「世界中の情報を整理し、世界中の人々にアクセスできて使えるようにすること」にあると思われる。ここには、「顧客」という言葉も出てこなければ、事業についても一切触れていない。目指すべき世界観を示しているのみである。そのグーグルが世界で最高の時価総額企業となっているのだ。

 同社の人事システムと言えば、データを重視しファクトベースで評価するなど、IT企業らしいデジタル技術を使った制度が有名だ。コンピュータに頼る仕組みづくりは、人間をあたかも「01」のデジタル記号に置き換えた仕組みと思われがちである。しかし、本書を読むと、それが誤解であることがよくわかる。グーグルの人事制度のカギは、人間の習性や可能性への理解の深さとさえ読み取れる。

次のページ  自由へのあくなき信念»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBRおススメ経営書」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking