2009年10月号 Spotlights 脳科学とビジネス 記事詳細

■ Spotlights 脳科学とビジネス

脳科学の知見を生かす 嘘偽りのないスピーチの秘訣

脳科学の研究によると、表情やしぐさ、身振りや手振りなどの動作は、口から発せられる言葉より先に現れ、時には次の思考や言葉を示唆するという。しかも、相手はこのような非言語メッセージをすぐさまキャッチし、その真意を読み取ってしまうことがわかっている。この脳科学の知見を知らぬまま、従来の方法でスピーチに合わせたジェスチャーを練習すると作為的に見えてしまう。脳科学に基づく、「嘘偽りのない態度」を表現できるスピーチの練習方法について解説する。


ニック・モーガン   パブリック・ワーズ 設立者

PDF記事:7ページ[約1,049KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking