2009年10月号 Spotlights 脳科学とビジネス 記事詳細

■ Spotlights 脳科学とビジネス

未発達であり、応用範囲は限られる 脳科学はまだ進行形である

脳科学ブームが再び訪れている。脳の発達に関係する遺伝子を研究している分子生物学者のジョン・J・メディナは、「脳科学はたしかに進歩したとはいえ、いささか過大に喧伝されており、ビジネスに適用できると考えるのは時期尚早である」と釘を差す。とはいえ、脳へのストレスと生産性の相関性、記憶の脳内リハーサルの意味、有酸素運動と脳の健康の関係にまつわる知見などは、すでに十分役に立つものであり、積極的に活用すべきであるとも言う。


ジョン・J・メディナ   ワシントン大学 医学部 客員教授

PDF記事:6ページ[約849KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking