2015年6月号 特集 小さなイノベーション 記事詳細

■ 特集 小さなイノベーション

製造業復活を賭けて自前主義を脱却せよ オープン・イノベーションという新たな武器

顧客ニーズの多様化、製品ライフサイクルの短縮化、グローバル化による競争構造の変化など、モノづくりに対する要求は高まり続けているが、従来のようにR&Dを自社で完結する自前主義に固執しては、そうした変化に対応することはできない。そこで注目を浴びるのが、「オープン・イノベーション」である。外部の優れた技術を取り入れることで、R&Dのスピードアップのみならず、コストの最適化まで実現する考え方だ。オープン・イノベーションを実施するためには、協働先とウイン-ウインの関係を築き、選ばれる存在になることが不可欠である。本稿では、オープン・イノベーションの基本理解はもちろん、選ばれる企業に生まれ変わるための条件までを論じる。


星野 達也   ナインシグマ・ジャパン 取締役

この論文もおすすめします
  • 2013年8月号
    再び大企業の時代へ
    スタートアップ4.0

    スコット D.アンソニー イノサイト・アジアパシフィック マネージング・ディレクター
  • 2009年4月号
    「開放系か閉鎖系か」「フラットか階層型か」
    コラボレーションの原則

    ゲイリー・P・ピサノ ハーバード・ビジネススクール 教授
    ロベルト・ベルガンティ ミラノ工科大学 スクール・オブ・マネジメント 教授
  • 2005年6月号
    既成概念を打破する
    2005年のパワー・コンセプト(下)

    『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 
    デニース・カルーソ ハイブリッド・ビガー・インスティテュート 事務局長
    トーマス H. ダベンポート バブソン大学 特別教授
    リー・ブキャナン HBR シニア・エディター
    ヘンリー W. チェスブロー カリフォルニア大学バークレー校 ハース経営大学院 センター・フォー・オープン・イノベーション エグゼクティブ・ディレクター
    ケネス・リーバサル ミシガン大学 教授
    ヨッヘン・ウィルツ シンガポール国立大学 ビジネス・スクール
    ロイゾ・ヘラクレアス オックスフォード大学 テンプルトン・カレッジ 特別研究員
    メアリー・キャサリン・ベイトソン 文化人類学者
    ジェフリー・ローゼン ジョージワシントン大学 法科大学院 教授
    ティーハ・フォン・ギーツィ ボストン コンサルティング グループ ストラテジー・インスティテュート 特別研究員
    ジャニス・アントノビクス バージニア大学 教授
    ジェフリー・フェッファー スタンフォード経営大学院トーマス・D・デー2世寄付講座の組織行動学教授

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking