2009年11月号 特集 経済の新秩序 記事詳細

■ 特集 経済の新秩序

「行動経済学」のすすめ 合理的経済学の終焉

アラン・グリーンスパンは、先の信用危機を予測できなかったことを認めた。これは人も企業も市場もけっして合理的ではなく、非合理的であると認めたに等しい。正統派の経済学は完全合理性を前提としているが、行動経済学者である筆者によれば、このような合理的経済学に基づいた政策や意思決定は危険をはらんでいるという。


ダン・アリエリー   デューク大学 フュークア・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF記事:10ページ[約1,254KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking