企業とNPOの協働が次のイノベーション創出を加速する

【特別対談1】小沼大地(NPO法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事)

5

期待される経営者の意識変革

藤井 日本企業とNPOの連携が期待される一方、まだまだ日本企業の経営者に、例えば海外のイノベーティブなNPOを見習う、といった発想・姿勢はほとんどないと思います。
 先日、CSVを実際に経営に取り込んでいるある日本企業の経営者が「世界経済フォーラム(ダボス会議)では、世界を代表する海外の企業経営者は社会起業家と対等に議論をすることができているが、日本企業の経営者は、語学もさることながら、そもそも会話の内容についていけない。これが日本の経営者の実力だ」とおっしゃっていました。この点について小沼さんはどう思いますか。

小沼 ソーシャルセクターに目を向けている日本の経営者はまだまだ少ないですよね。海外企業の経営者は、社会起業家やNPOの代表と普通に会話ができるのですが、日本の経営者はそれがほとんどできないというのは総論では同感です。ただしその原因は、日本のNPO業界の側の力不足にあるという面も感じています。例えば日本のNPOの代表が欧米の一流のNPO経営者と互角に話せるかというと、自分自身も含め、まだ同じ目線では話せないように感じますので。
 一方で、経営者の中には非常に高い感度をお持ちの方もいらっしゃいました。先日、外部から招聘されてある日本企業のトップに就任された経営者は、「CSVを具現化するために今の会社にきた」とおっしゃっていました。日本企業がCSV経営に変わっていくにはどうしたらよいのでしょうか、とお聞きしたら「CSVを志向できるようなレベルの高い経営者は、残念ながら日本企業には少ない。ただ一つよいことがあって、日本企業の経営者は横並び意識が強いから、1社が成功したら他も全部変わる。だから私はその最初になるんだ」と。大変感動したのを覚えています。

藤井 素晴らしいお話ですね。今後CSVがさらに日本企業の中で浸透し、進化していくことを期待させてくれますね。ありがとうございました。本テーマでの議論はここまでにしましょう。今回の議論の中でも登場した日本のソーシャルセクターをテーマに、次回また議論させてください。

5
Special Topics PR
Innovator 関連記事
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS