「世界CEOランキング」から見える
経営者にいま求められること

1

ハーバード・ビジネス・レビューは昨年「世界CEOランキング100」を発表した。あくまで企業の財務的業績で評価したランキングから、いま経営者に求められているものが浮き彫りなる。

 

100人中日本人は2人

 昨年末、Harvard Business Reviewでは、世界CEOランキング100を発表しました。日本版である本誌では、最新号にその順位と記事が紹介されています。このランキングは、2013年末時点でS&Pグローバル1300指数に入っている企業を対象に、主にTSR(総株主投資利回り)と時価総額の増加分を中心に評価したものです。

 詳細は本誌に譲りますが、つまり財務的パフォーマンスを上げたCEOのランキングとなっています。ちなみに上位3人は、ジェフ・ベゾス(アマゾン、1位)、ジョン・マーティン(ギリアド、2位)、ジョン・チェンバース(シスコ、3位)となっています。

 日本企業では、柳井正さん(ファーストリテイリング、11位)、御手洗富士夫さん(キヤノン、45位)、のお二人がランク入りしています。経済力が落ちたとは言え、世界のGDPで8%のシェアを有する日本から2人というは、寂しい限りです。

 このランキングの評価基準から、欧米の経営者を見る指標が「結果のみ」と考えるのは早急のようです。なぜこれらの指標に限定したか。記事の中では、株主以外の従業員や顧客などのステークホルダーの重要性に触れつつ、業界や国を横断して比較可能な数値データがなかったことが示されています。また財務成果についても短期的な変動を抑え、可能な限り長期のパフォーマンスに着目しています。

次のページ  経営者のプロフィールのうち何に注目するか»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBR編集長ブログ」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking