2015年2月号 特集 目標達成 結果を出す組織のPDCA 記事詳細

■ 特集 目標達成 結果を出す組織のPDCA

個人のやり方を問うても本質的な解決にはならない 時間管理はチームでこそ効果が上がる

時間管理、生産性の向上というと、とかく個人のやり方がやり玉に上がる。もちろん、それにも一理あるものの、一人では仕事が完結せず、他のだれかと協力し合うことが当たり前のいま、個人でできることには限界がある。むしろ、チーム全体で時間管理に取り組むことで、飛躍的に生産性を向上させ、効率を上げることができる。


レスリー・パーロウ   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF記事:6ページ[約350KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking