2006年2月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

アイルランド人エンジニアの憂鬱 母国の未来に賭けるべきか本社での昇進を選ぶべきか

バイオテクノロジーのエンジニア、ジョン・ドゥーリは母国アイルランドを捨てて渡米し、世界屈指の製薬会社に入社した。しかし、望郷の念を捨て切れず、アイルランド経済の活況も手伝って、ダブリン支社への転勤話に乗り、再び母国へと戻った。すっかり落ち着いたところに、彼は仕事で大成功を収める。これがアメリカ本社の目に留まり、上司の後押しもあって彼に戦略部門のトップを任せるという異例の昇進が内示された。この話を受ければ、アメリカに転勤しなければならない。またとないチャンスとはいえ、母国に帰ってきた理由を思い出せば、それほど魅力的な話ともいいがたい。はたしてジョンは出世を諦めてアイルランドに残るべきか、それともチャンスを求めてもう一度アメリカに渡るべきか。


ラージ・ コンダー   ニルバーナ・ビジネス・ソリューションズ CEO

ジェームズ・ M・ シトリン   スペンサー・スチュアート シニア・ディレクター

モーリス・ トリーシー   サイエンス・ファンデーション・アイルランドディレクター

アルノ・ E・ ハスルバーガー   ウェブスター大学ウィーン校 講師

シャーマン・ イサリー   ヨーロッパ安全保障協力機構 年報編集責任者

アイリーン・ ロッシュ   HBR アソシエート・エディター

PDF記事:11ページ[約1,234KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking