2006年3月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

サンタクロースと妖精たちの困惑 需要予測の改善か生産計画の見直しか

クリスマスの夜、世界中の子どもたちに贈るプレゼントの生産でボスのサンタクロースも、部下の妖精たちもてんてこ舞いである。もはや工場はパンク寸前という時、困ったニュースが飛び込んできた。アメリカの若い女の子たちから熱狂的に支持されている女性アイドルが、人気ティーン誌のなかで、サンタクロースたちが開発した商品をばかにしたのだ。当然、その影響から、この商品の人気はガタ落ちしてしまうことだろう。しかし、彼と妖精たちはこの商品を大量生産しており、すでに出荷を待っている。このままでは、何十万人という女の子を失望させてしまいかねない。さて、サンタクロースたちはどうすればよいだろうか。


M・ エリック・ ジョンソン   ダートマス・タック・スクール・オブ・ビジネス 教授

ホルスト・ ブランドスタター   ジオブラ・ブランドスタター オーナー

ウォレン・ H・ ハウスマン   スタンフォード大学 マネジメント・サイエンス・アンド・エンジニアリング学部 教授

アン・ オムロッド   ジョン・ゴールト・ソリューションズ CEO

エリック・ マクナルティ   ハーバード・ビジネススクール・パブリッシング マネージング・ディレクター

PDF記事:12ページ[約1,320KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking