2006年7月号 特集 ドイツ 株主価値経営のジレンマ 記事詳細

■ 特集 ドイツ 株主価値経営のジレンマ

「ドイツ株式会社」の第三の道とは 共同決定方式の岐路

ドイツ企業がたどってきた歴史は、奇しくも日本企業のそれに似ている。政府、金融、企業の「鉄のトライアングル」と間接金融、従業員重視の経営、ものづくり中心の経済、株主資本主義とニュー・エコノミーの洗礼、デフレーションと低金利政策、行きすぎたアングロサクソン・モデルへの反省――。そして現在、かつてのドイツ的経営でもなく、けっしてアメリカ型経営でもない「第3の道」を歩みつつある。しかし、その姿はまだはっきりしない。もしかすると、ドイツ企業が置かれている状況にみずからを照らすことで、新しい「日本的経営」の姿が見えてくるかもしれない。そのためには、まずドイツ産業界のマネジメント・システムを理解する必要がある。本稿では、その最大の特徴である「共同決定方式」について解説する。


コーネリア・ ガイスラー   『ハーバード・ビジネス・マネジャー』 シニア・エディター

アート・ クック   SASインターナショナル 社長

池田 良一   プライスウォーターハウスクーパース デュッセルドルフ/ミュンヘン事務所シニア・マネジャー

PDF記事:13ページ[約1,654KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking