2006年7月号 特集 ドイツ 株主価値経営のジレンマ 記事詳細

■ 特集 ドイツ 株主価値経営のジレンマ

グローバル・リーダーシップの成功例 ドイツの「隠れたチャンピオン」に学ぶ

「隠れたチャンピオン」――参入している業界において50%を超えるシェア、グローバルな展開、高収益を誇るマーケット・リーダーであるにもかかわらず、一般的に知られているとはいいがたい中小企業のことだ。このコンセプトは、筆者の一人が1992年にHBRに発表した論文に始まっている。当時のチャンピオンのその後の発展は、このコンセプトの真価を裏づける。グローバル経済の荒波をものともせず今日まで見事に発展を続け、高収益企業として成長している、その持続的な成功の背景に再び注目する。


ハーマン・ サイモン   サイモン・クチャー・アンド・パートナース 戦略・マーケティング コンサルタント 会長

シュテファン・ リッペルト   サイモン・クチャー・アンド・パートナース 東京事務所 ディレクター

仲井間 滋之   サイモン・クチャー・アンド・パートナース東京事務所

PDF記事:13ページ[約1,146KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking