2009年12月号 特集 生誕100周年記念 ドラッカーの思考 記事詳細

■ 特集 生誕100周年記念 ドラッカーの思考

彼が生きていたら、何を語るだろうか ドラッカーに学ぶべきこと

今回の世界同時不況をもたらした金融業界の体質、地球温暖化などの環境問題、第一世界と第三世界の相克など、いまドラッカーが生きていたら、いったい何を述べるだろうか。HBR誌の編集長として、ドラッカー自身そして彼の著作と向き合ってきた数少ない経営学者である筆者が、ドラッカー生誕100年に当たり、ドラッカーの英知を、どのように今後の指針とすべきかについて語る。


ロザベス・モス・カンター   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:9ページ[約1,979KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking