2010年1月号 特集 「大野耐一」論 ものづくりの原点 記事詳細

■ 特集 「大野耐一」論 ものづくりの原点

何を再発見し、何を受け継ぐべきか 大野さんに学んだこと

今回の不況によって、製造能力の重要性があらためて認識されている。識者らが指摘するように、アメリカは、付加価値の低い業務は不要であるという論理の下、アウトソーシングを推し進めた結果、さまざまな能力を失った。それらは、つまるところ人間の知識やスキルであり、製造能力を再考するとは、人と組織を問い直すことにほかならない。今後の日本産業界、とりわけ製造業の競争力を考えるうえで、大野耐一のものづくりと人づくりを再発見することにはきわめて有意義である。彼の薫陶、また影響を受けた大野チルドレンらに、その本質を聞く。


内川 晋   関東自動車工業 相談役

好川 純一   トヨタ紡織 相談役

下川 浩一   法政大学 名誉教授 東海学園大学 特任教授

エリヤフ・M・ゴールドラット   物理学者

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking