たとえ儲からなくても「役に立つ」事業はある
新たな国家的プロジェクトを実現させるために
——JAXA有人宇宙ミッション本部・筒井史哉

1
国際宇宙ステーション(ISS)最大の有人施設「きぼう」日本実験棟をはじめ、日本の宇宙事業が発展を遂げる裏には、宇宙飛行士はもちろん、彼らを支えるスタッフの存在がある。莫大なコストを要し、成果が見えにくい宇宙開発に対する批判は少なくないが、現場の技術者はそうしたジレンマといかに向き合っているのか。初期から「きぼう」開発に携わる筒井史哉氏がその想いを語る。連載は最終回。(構成/新田匡央)

たとえ儲からなくても「役に立つ」事業はある

――国際宇宙ステーション(ISS)もそうだと思いますが、予算や時間の縛りがあるなかで、「もっとよくしたい」という技術者としての欲求とどのように折り合いをつけていますか。

筒井史哉(以下略) ISSに関しては、まだ折り合いはついていないのかもしれません。最低限実現しなければならないのは、宇宙飛行士をはじめとする人の安全と、「きぼう」というモジュールが運用できなくなる事態を避けることです。それを遂行するうえで問題になるような不具合は、絶対に解消しなければなりません。しかし、たとえばもう少し美しい設計にしたいなどの希望は、後回しになっているのが実情です。

筒井 史哉(つつい・ふみや)
JAXA 有人宇宙ミッション本部 事業推進部 計画マネージャ
東京大学工学部航空学科卒業後、宇宙開発事業団(NASDA)に入社し、種子島宇宙センターで設備整備を担当。1991年、宇宙ステーショングループ(当時)に異動し、以来、日本実験棟「きぼう」の開発に従事。2003年、宇宙環境利用推進部に異動したのち、ISSプログラム全般の企画業務に従事。2006年より、JEMプロジェクトチームにて「きぼう」技術チームをリード。2010年から現職。

 ただ、技術者はそういうことをそのままにしておけない生き物です。かつては同じことをやろうと思っても必要以上に費用と時間がかかりましたが、いまはすでにあるリソースで実現できるようになっています。私はそうした課題をノートに書き記していて、それを一つひとつ潰していっているところです。折り合いがつけられないのは、まだまだアップグレードできる余力を持っているからだとも言えます。

 ISSは宇宙における実験施設です。実験をしたいと考える人や企業にとっては最高の機能があってほしいと思うはずでしょう。地上ではイーサネット(LANで最も一般的な規格)の通信が普通だし、ハイビジョン・カメラも当たり前に装備されています。しかし「きぼう」には地上と同じものまでは用意されていませんでした。放っておくと昔ながらの古いビデオカメラで、通信も古い規格のままです。それでは、「こんな環境で実験しても仕方がない」と言われかねません。

 地上の技術進歩からは後れをとることは仕方ない一面もありますが、それでもキャッチアップする努力を怠らず、少なくとも「古い」「ひどい」と言われないレベルまでには持っていきたいと考えています。

――宇宙開発に限らず、「役に立つかどうか」は「儲かるかどうか」という議論に集約される傾向があります。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の事業は「儲からない」ものも多く、批判も少なくありません。窮屈な環境では、挑戦が阻害されることはありませんか。

 そうですね、以前に比べるとそう感じることもあります。私は、お金にならないことが、役に立たないことと同義だとは思っていません。金銭的な見返りが明確な事業はゴールがはっきりしたものが多いですが、一方では、未知の課題に挑戦する喜びは限られていると言えます。その点、宇宙は知らないことばかりで、そこには無限の挑戦があります。

 時間の制約もこれまで以上に大きなものになっていますね。コストに対する厳しい目はもちろん、いち早く目に見える成果が求められていることもその理由です。メディアから「何の役に立つのか」とご指摘を受けることがありますが、もう少し広い視野で見ていただきたいと思います。そのうえで改善が必要な点は指摘してほしい。

次のページ  いつか宇宙船をつくることが夢»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
チームJAXAの挑戦」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking