無理難題を「できる」に変えるチーム力
前例なきミッションを成功に導くために
——JAXA有人宇宙ミッション本部・佐野伊彦

1
国際宇宙ステーション(ISS)最大の実験棟「きぼう」をはじめ、日本の宇宙事業は、日々、発展を遂げている。その裏には、宇宙飛行士の活躍はもちろん、彼らを支えるスタッフの存在も見逃せない。本連載では、日本の宇宙事業を支える宇宙航空研究開発機構(JAXA)のチームワークに迫る。第4回・第5回では、「きぼう」の開発にも携わった佐野伊彦氏が、そこで生じた課題やプロジェクトの魅力を語る。(構成/新田匡央)

「できない」とは言えない

――佐野さんは長く「きぼう」の開発に携わってきたと聞いています。未知への挑戦と言っても過言ではありませんが、どのような苦労がありましたか。

佐野伊彦(以下略) 最初に配属された種子島宇宙センターから、国際宇宙ステーション(ISS)の開発に移り、はじめは「船外実験プラットフォーム」の開発に取り組みました。途中で与圧モジュールの開発を担当しているのですが、その時点ではすでに、打ち上げ射点であるアメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターに出荷する期限が1年半に迫るという事態です。にもかかわらず、まだ200件以上の技術課題が残っていて、プロジェクト・マネジャーから「なんとかしろ」という“無茶ぶり”が回ってきたのです。

佐野伊彦(さの・ただひこ)
JAXA 有人宇宙ミッション本部 宇宙環境利用センター CALETプロジェクトチーム ファンクションマネージャ
早稲田大学大学院理工学研究科建設工学建築構造学修士課程修了後、1993年、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)入社。同年、種子島宇宙センター機械課に配属され、機構系射点設備の保全・運用、JEM曝露部・与圧系の開発等を担当。2003年に経営企画部予算課(現・推進課)に異動し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)全体の予算折衝とりまとめを担当。セントリフュージプロジェクトチーム、HTVプロジェクトチームを経て、2010年にCALETミッションチームに配属。2012年よりCALETプロジェクトチームファンクションマネージャとなり、現在に至る。

 まさか「できない」と言える状況ではありません。そこで当時の上司とペアになって、名古屋にある開発メーカーと2週間ごとに定例会をセットし、すべての問題をつぶしていくことにしました。会議の前日の夜に名古屋入りして、翌朝から深夜までぶっ通しで、課題について一つひとつ解決策を探ります。ある課題を解決すると陰に隠れていた別の課題が浮き彫りになり、課題が減るどころか逆に増えることもありました。それでも、時間をかけて丁寧にやっていくことで課題は徐々に減り、先が見えたときにはほっとしました。

 開発の大前提には、要求仕様を規定している「システム開発仕様書」という文書があり、課題解決にあたっては、それに適合する設計にしなければなりません。その大元の要求は、NASAの英文の要求文書からフローダウンされています。そのため、何を要求されているのかを共通理解とするところから始めました。そのうえで、要求を実現するためにどのような制約があるのかを整理して、解決策を挙げていきます。さらに、その解決策のメリットとデメリットについてみんなで議論していくという手順です。

 メーカーには設計項目ごとに担当者がいるので、常時5、6人が出席。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は私を含めて3人、筑波のメンバーともテレコンでつなぎ、瞬間的には10人以上で議論することもありました。

――それだけ人数がいると、意見が食い違うこともあると思います。主張が理解されず、感情的になることもありませんでしたか。

 それはありました。ただ、腹を立てたら終わりということを強く感じた議論でもありました。怒って解決できるなら、いくらでも腹を立てますが、現実はそうではありません。こらえるときはこらえ、どういう方法があるのか相手の話をよく聞くことが大切です。やっているうちに折り合える点が見つかることも多く、感情的になるのはマイナスにしかならないと感じました。

 JAXAとメーカーとの契約の関係では、JAXAが業務を発注する甲、メーカーはそれを受けて成果物を出す責任がある乙の立場です。だからといって、技術者としても甲と乙の関係があるわけではありません。むしろ、技術的にはメーカーのほうが優れている部分が多いくらいです。彼らの意見からは、実際に設計をして、現物をつくる責任感が感じられます。

 たとえ発注者であっても、要求や仕様に基づいて、上から押しつけるようなことがあってはいけません。何度も直接会って、いろいろな議論を重ねることが、結局、解決策を見出す早道になるのだと理解しました。

次のページ  垣根を乗り越えて本物のチームをつくる»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
チームJAXAの挑戦」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking