2010年3月号 特集 逆転の思考 ステレオタイプを排す 記事詳細

■ 特集 逆転の思考 ステレオタイプを排す

カリフォルニア・キュイジーヌの創始者が語る サステナビリティの心得 どんなに苦しくとも「質」に妥協しない

アリス・ウォータースは一九七一年、カリフォルニア州バークレーに、地産地消のオーガニック・レストラン、シェ・パニースをオープンさせた。これが、体にやさしい食材を用いるカリフォルニア・キュイジーヌの始まりである。レストラン経営は水商売といわれるように、何度となく危機に見舞われたが、彼女はけっして「質」に妥協することなく、創業の理念を貫いてきた。いわく「サステナビリティは必ず利益に貢献する」。またウォータースは、スロー・フード運動にも関わり、「エディブル・スクールヤード」と呼ばれる食育にも力を注いでいる。創業者のアリス・ウォータースに、持続可能な経営哲学について聞く。


アリス・L・ウォータース   シェ・パニース 創業者

PDF記事:7ページ[約1,433KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking