2014年12月号 特集 投資家は敵か、味方か 記事詳細

■ 特集 投資家は敵か、味方か

四半期資本主義がもたらす悪循環からの脱却 投資家は企業に長期目標を求めよ

いまや企業の経営陣は、株式市場や取締役会から、高い財務成績を短期間で達成せよと、四半期ごとに強いプレッシャーがかかる。説明責任に労力と時間を奪われ、長期的な視野に立った戦略がないがしろにされ、結局のところ業績が下がるという悪循環に陥っている。この問題を打開するには、経営陣に襟を正せと言うだけでは無理だ。むしろ、資本市場の燃料源となっている、投資家サイドに協力を仰がなければ、何も動かない。しかしこの取り組みは、けっして損にはならないはずだ。具体的な4つの方法を提示する。


ドミニク・バートン   マッキンゼー・アンド・カンパニー グローバル・マネージング・ダイレクター

マーク・ワイズマン   カナダ年金制度投資委員会 会長兼CEO

PDF記事:11ページ[約2,019KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking