2010年3月号 特集 逆転の思考 ステレオタイプを排す 記事詳細

■ 特集 逆転の思考 ステレオタイプを排す

奇才のSF作家が予知する ネット社会の近未来 オーウェル的な危機は起こらない

ITとインターネットが、世界じゅうの個人の力を引き出し、新しい世界を切り開いていくと信じるSF作家コリイ・ドクトロウ。彼は、小説のなかだけでなく、コピー・フリーのブログの編集人、大学での研究など、インターネットの可能性について追求してきた。彼は、ジョージ・オーウェルが『一九八四年』で描いたような危機が、インターネットにとって引き起こされることはないと言う。また、インターネットは人知を共有する手段であり、著作権によってコピーを制限したり禁止したりするのは、むしろ道徳に反する行為であると主張する。その一方、アマゾンの〈キンドル〉など、電子書籍が主流となるという予測には懐疑的で、そもそもコンピュータは人間の注意を散漫にさせるとも述べる。


コリイ・ドクトロウ   SF作家

PDF記事:10ページ[約1,064KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking