2014年11月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

【組織】自分をさらけ出すことが優れた成果を生み出す 「弱みを見せ合う」組織は業績が伸びる

多くのビジネスパーソンが、ふだんの職場で「第二の仕事」に頭を抱えている。自分を少しでもよく見せることに膨大な時間を費やしているのだ。しかし、もし自分の欠点をさらけ出せるとしたら、その本人は失敗から学び続けることができるだろう。また、社員一人ひとりが成長することで、企業としても大きな飛躍を遂げる可能性を秘めている。本稿では、ブリッジウオーター・アソシエーツとデキュリオン・コーポレーションにおける詳細な調査を基に、個人と企業の成長を両立する「じっくりと育てる組織」の全貌が明らかになる。


ロバート・キーガン   ハーバード大学 教育大学院 教授

リサ・レイヒー   ハーバード大学 教育大学院 講師

アンディ・フレミング   ウェイ・トゥ・グロウ CEO

マシュー・ミラー   ハーバード大学 教育大学院 講師 兼 学務担当副 学部長

PDF記事:15ページ[約2,080KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking