2014年11月号 特集 創造性 vs. 生産性 記事詳細

■ 特集 創造性 vs. 生産性

日本人初のISSコマンダーが実践するリーダーシップ 【インタビュー】宇宙空間で求められる極限のチーム・マネジメント

国際宇宙ステーション(ISS)のコマンダー(船長)には、国籍も文化も違う個性的なメンバーをまとめ上げることはもちろん、限られた期間で高い成果を上げることが求められる。そのISSコマンダーに日本人で初めて任命されたのが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士である若田光一氏だ。チームとしての生産性を高めるために、リーダーとして何を心がけ、実行したのか。酸素も重力もない極限の環境下における、コミュニケーションの重要性が語られる。


若田 光一   JAXA 宇宙飛行士

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士。1963年、埼玉県生まれ。1989年、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社してエンジニアとして勤務。1992年、旧・宇宙開発事業団(NASDA)の宇宙飛行士候補生に選ばれ、これまでに3回、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルに搭乗して宇宙飛行ミッションに参加。2009年に行われた3回目のミッションでは、日本人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に約4カ月半の長期滞在をした。その後、NASA宇宙飛行士室のISS運用ブランチ・チーフを経て、JAXA宇宙飛行士グループ長に就任。2011年2月、ISS第38次/第39次長期滞在クルーに選ばれ、第39次長期滞在時には日本人初のISSコマンダー(船長)として指揮を執った。主な著書に『宇宙飛行』(日本実業出版社)、『国際宇宙ステーションとはなにか』(講談社)などがある。
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking