「哲学」がMBAの人気講義になるのはなぜか?

ほんとうの「哲学」に基づく組織行動入門【第1回】

2

プロジェクト運営を支えた「哲学」の力

西條 剛央(さいじょう・たけお)。 早稲田大学ビジネススクール客員准教授。2004 年早稲田大学大学院人間科学研究科で博士号(人間科学)取得。2009年より早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻専任講師、2014年より現職。専門は組織心理学、哲学。2011年、東日本大震災をうけて、独自に体系化した構造構成主義をもとに「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を設立、物資支援から重機免許取得といった自立支援まで50以上のプロジェクトからなる日本最大の総合支援組織に育てあげた。2014年、世界的なデジタルメディアのコンペティションである「Prix Ars Electronica」のコミュニティ部門において、最優秀賞にあたるゴールデン・ニカを日本人として初受賞。「2014ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。」著書に『構造構成主義とは何か』(北大路書房)、『質的研究とは何か』(新曜社)、『人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか』(ダイヤモンド社)など多数。

 この「ふんばろう東日本支援プロジェクト」が構造構成主義という“哲学”をベースにした活動だと述べると驚く方も多いだろう。ここでいう“哲学”というのは、「私の人生哲学」や「経営哲学」といった「私の考え」といった意味での「哲学」ではない。そうではなく、構造構成主義とはニーチェやフッサール、ハイデガー、ソシュール、ロムバッハといった、いわゆるギリシャ時代から連綿と続く“哲学”における現象論、存在論、記号論といった諸領域の原理を体系化したものである。私はボランティアをするのも初めてで、会社やNPOなどの組織を経営したことはなく、実際、私の唯一の武器は「哲学」だけだったのである。

 さて、「哲学」とは何だろうか。いろいろな考え方があるが、ここでは「前提を問い直す」ことと、「物事の本質を洞察すること」という主に二つの機能からなる「考え方」という位置づけで語っていきたい。事実、構造構成主義とは「方法とは何か」「理論とは何か」「価値とは何か」といった根本的な問いに答える理論の体系なのである。

 今回はその中でも「方法の原理」を紹介していこう。言うまでもなく、マーケティングの方法、戦略立案の方法、人材育成の方法、あらゆる分野で「方法」は活用されている。通常、「方法」とは先生や先輩といった先達から、「これについてはこうこうこうするのがよい方法だ」という形で倣い覚えていく。そのためそれぞれの業界で「正しい方法」がある、と思うようになる。

 たとえば、これは心理学でも同じであり、「こうやって実験したり統計を使ったりすることが正しい心理学の方法だよ」と教わると、「それこそが心理学なのだ」と思うようになり、それ以外のやり方は「そんなものは心理学ではない」と邪道扱いするようになる。多かれ少なかれ、我々はそうして正しい方法を手順として倣い覚える。しかし、だからこそ異なる方法を身につけた人達は必然的に正しい方法を巡る信念対立に陥ることになる。そしてその「正しい方法」が有効などころか足枷になっていたとしても、辞められないという不合理が起こるようになる。

 そのような不合理に陥らないためにも、方法の本質を知る必要があるのだ。では「方法」とは何なのか。「方法の本質」、つまりその最も重要なポイントとは何なのだろうか。それに答える理論が「方法の原理」である。

無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読キャンペーン
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking