2014年10月号 特集 2020年のマーケティング 記事詳細

■ 特集 2020年のマーケティング

1万人超マーケターへの調査から読み解く 2020年のマーケティング組織

ITの進化により、顧客との関係はもちろん、マーケティングのツールやアプローチも劇的に変化した。にもかかわらず、マーケティング組織は40年前と変わらず、旧態依然としている。組織の刷新の必要性を認識しながらも、手をこまねいている企業も多い。筆者らは「マーケティング2020」という研究プロジェクトで、世界92カ国1万人以上のマーケターにアンケート調査や、350人以上のCEOやCMOなどへのインタビューを実施。3年間の売上成長率を基にハイ・パフォーマンス企業とロー・パフォーマンス企業に分け、戦略、組織構造、ケイパビリティを比較した。本稿では、ハイ・パフォーマンス企業に共通するマーケティング原則をデータ利用、ポジショニング、顧客経験の観点から解説するとともに、組織の成長を促進する5つの要因を明らかにする。


マーク・デスワーン・アロンズ   ミルウォード・ブラウン・フェルメール 最高マーケティング責任者

フランク・ファンデンドリースト   ミルウォード・ブラウン・フェルメール 最高コマーシャル責任者

キース・ウィード   ユニリーバ 最高マーケティング・コミュニケーション 責任者

PDF記事:13ページ[約1,940KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking