勉強もスポーツも、基礎から学ぶとつまらない
最先端を理解した気分になることが成長の糧に

早稲田大学ビジネススクール准教授・入山章栄×立命館大学経営学部国際経営学科准教授・琴坂将広

1
ニューヨーク州立大学バッファロー校のビジネススクールで助教授を務め、現在は早稲田大学ビジネススクールで教鞭を採る入山章栄氏。そして、マッキンゼーを経てオックスフォード大学でPh.D.を取得し、立命館大学経営学部の教壇に立つ琴坂将広氏。世界の最前線を知る気鋭の経営学者による対談がスタート。なぜ彼らは経営学に魅了されたのか。第1回では、二人の学びの原点が語られる。全4回。
 

二人の出会いはスタンフォード大学

琴坂 入山さんと私が初めて実際に会ったのは、たしかスタンフォード大学で行われていたカンファレンスですよね?

入山 章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学ビジネススクール 准教授
1996年慶應義塾大学経済学部卒業、98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2003年に同社を退社し、米ピッツバーグ大学経営大学院博士課程に進学。2008年に同大学院より博士号(Ph.D.)を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネス・スクールのアシスタント・プロフェッサー(助教授)に就任。2013年から現職。専門は経営戦略論および国際経営論。主な著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)がある。

入山 そうだね。でもそれよりだいぶ前、僕がニューヨーク州立大学に就職した4、5年前には、僕は琴坂くんをTwitterで知っていました。全然接点はなかったけど、おもしろいツイートが流れて来るのをたまに見ていたんだよね。それでバックグラウンドを見たらマッキンゼーとかオックスフォードとか書いてあって「派手な経歴だなぁ」と思った(笑)。

 もちろんそれだけではなくて、当時もいまも海外にいる日本人の経営学者はすごく少ないし、博士課程の日本人もすごく少ない。経済学には日本人もいるけど、経営学はとても少ないよね。そういう意味では勝手にシンパシーを感じていました。

琴坂 そう、すごく少ないんですよ。大学院に行くまではその事実をまったく知りませんでした。自分も入山さんを発見した時にはすぐにフォローしたのを覚えています。この人、アメリカで経営学の教員をしている、すごいなって。

入山 実際に会ったのはいまから3年くらい前かな。スタンフォード大学で1年に1回やっている、日本のアントレプレナーシップについてのカンファレンスだよね。ちなみに、前から聞こうと思っていたんだけど、琴坂くんは、修士課程に進むときから博士課程を考えていたの?

琴坂 いや、たしかに私はMSc. In Management Researchという経営研究の修士課程に進んでいるのですが、まず試してみたいという気持ちが大きくて、実は修士課程にすすむときには決めていなかったんです。

 もちろん、MBA(経営学修士)も考えました。ただ、マッキンゼーという会社にはMBA卒がいくらでもいて、彼らの話からMBAがどういうところかは何となくわかっていました。そのうえで、マッキンゼーですでに4年、世界中のオフィスで2年間も働いて、さらに彼らに指示を出すマネジャー的な働き方もしたあとにわざわざMBAは違うなと思ったんです。

入山 なるほどね。

琴坂 次のオプションは、いわゆるアメリカ的なPh.D.でした。でも基本的に5年かかりますよね。もし2年間で辞めてしまうと、ある種ドロップアウトしたような感覚が残ってしまいます。その時点で5年間いる覚悟は決めきれないけど1年か2年なら試せるなと考えたとき、ヨーロッパの修士は1年間です。そこで試してみようと思いました。

入山 ヨーロッパの修士課程は1年間なんだ。

琴坂 そうです。というか、少なくともイギリスはそうだと思います。

入山 博士課程には何年?

琴坂 私は3年半でした。

入山 全部で4年半か。僕と琴坂くんはそこが違っているよね。アメリカは修士のコースと、博士のコースが最初から別れているからね。修士に進む人には、その延長で博士に進むというオプションがないから、修士は2年でとにかく卒業しなければいけない。逆に博士課程に進む人は最低5年か6年はいるつもりでないといけない。

 ところが、最初の2年間で死ぬほど勉強させられたと思ったら、その後の試験で半分くらい落とされちゃうんですよ。アメリカでは、5年はいるはずだったのに2年でクビになってしまうことが普通にある。その点、イギリスはまずは修士でそこから博士という流れだから、もう少し日本的かもしれないね。

琴坂 そうですね。ただ、イギリスの修士課程でもかなりいい成績をとらないと博士課程には進めません。そこでふるいにかけている。イギリスの場合は、修士課程に進むより以前、学部時代に基本的な部分をそれなりに抑えているという前提もあります。そもそも、学部の入学試験でも、統計学や経営学、経済学などで受験するようです。マイケル・ポーターやシュンペーターについて入学前から勉強しているんですね。理論の発展の経緯を説明しなさいといった高度な問題もあります。

入山 それ、すごいね。そんなの僕は絶対受からないし、いまでも答えられるか怪しい(笑)。

琴坂 それがスタートラインで、学部で3年間専門教育をみっちりやっている前提なので、1年で済むのだと思います。

次のページ  ベンチャー経営と雀荘通い、ともに大学に通わなかった学生時代»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking