2010年5月号 特集 人と組織を動かすリーダーシップ 記事詳細

■ 特集 人と組織を動かすリーダーシップ

いかに「新しい現実」に適応するか 難局を乗り切るリーダーシップ

チャールズ・ダーウィンいわく「生き残るのは、いちばん強い種でも、いちばん優れた種でもなく、環境の変化に最もうまく適応できた種である」。現在の世界同時不況が終わった時、新しい現実が待っている。これに適応できるかどうかこそ、実は最も重要な課題である。本稿では、ベスト・バイのシニア・バイス・プレジデントを務めたジュリー・ギルバート、ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センターの理事長兼CEOを務めるポール・レビー、エゴンゼンダー・インターナショナルの創設者エゴン・ゼンダーの例を引きながら、「適応型リーダーシップ」のあり方について解説する。


ロナルド・A・ハイフェッツ   ハーバード・ジョン・F・ケネディ・スクール・オブ・ガバメント 上級講師

アレクサンダー・グラショー   ケンブリッジ・リーダーシップ・アソシエート マネージング・ディレクター

マーティ・リンスキー   ハーバード・ジョン・F・ケネディ・スクール・オブ・ガバメント 講師

PDF記事:13ページ[約1,664KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking