2014年9月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

【キャリア】 声の大きさに惑わされてはならない 「いぶし銀」の仕事を正当に評価する法

ソーシャル・メディアが発達した今日、多くの人が注目を浴びようとさまざまな情報を発信している。競争の激しい時代にあっては、そうした大きく声を上げる人に注意が寄せられがちではあるが、ビジネスにおいては、表舞台を支える人にこそ正しい評価を与える必要がある。卓越した能力を持ちながら自分からは能力を吹聴せず、しかし大きな責任感をもってみずからの仕事に当たる彼らを、本稿では「いぶし銀」と呼んでいる。謙虚で目立たない彼らを声の大きな人と同じく正当に評価することは、不可欠である。企業は「いぶし銀」とどのようにつき合うべきか、考える。


デイビッド・ツバイク   著述家 兼 講演家

PDF記事:12ページ[約1,289KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking