2014年9月号 特集 一流に学ぶハードワーク 記事詳細

■ 特集 一流に学ぶハードワーク

天皇陛下の執刀医は自然体であり続ける 平常心があれば集中力は生まれる

「手術のたびに集中力を高めているようでは、一人前の外科医とは呼べない」。天皇陛下の執刀医として日本中の注目を浴びた心臓外科医であり、これまでに6000例以上執刀して98%以上の成功率を誇る筆者はこう指摘する。一瞬の判断ミスが最悪の事態を招く心臓手術の現場では、常に集中力が求められる。では、集中力の源泉とは何か。それこそが平常心である。本稿では、58歳の現在でも年間450例以上の手術を行う医師によって、いかなる時も平常心を保つための秘訣が明かされる。


天野 篤   順天堂大学 教授

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking