2010年7月号 特集 顧客資本主義 記事詳細

■ 特集 顧客資本主義

価格重視時代のプライシング戦略 価格より価値に目を向けさせる方法

消費者は、安いものに目がない。デフレの時代では、とりわけそうである。消費者の価格感度が高まると、いきおい値引きや低価格路線に走りやすい。しかしその結果、コモディティ化に拍車がかかり、利益が目減りしていく。筆者らは、価格より「価値を考えさせるプライシング」があると言う。たとえば、コストや機能とは異なる価格体系に変更する、あえてプレミアム価格あるいは均一価格を設定するなど、財や状況に応じてプライシング戦略を変えることで、価格から顧客の目をそらし、価値に向けさせることができる。


マルコ・ベルティーニ   ロンドン・ビジネススクール 准教授

リュック・ワシュー   ESMT 副学長

PDF記事:12ページ[約1,349KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking