2010年7月号 特集 顧客資本主義 記事詳細

■ 特集 顧客資本主義

「推奨者の正味価値」と顧客フィードバック・ループの統合 「顧客の声」を全社に浸透させる

顧客主義を掲げる企業は多いが、真摯に顧客の声に耳を傾け、これを組織全体に反映させている企業となると、そうでもない。このような「顧客フィードバック・ループ」の効果をより高めるのが、究極の顧客満足指標といわれる「推奨者の正味比率」(NPS)である。本稿では、このNPSと顧客フィードバック・ループを統合し、全社に顧客主義を浸透させ、業績を改善したチャールズ・シュワブ、アリアンツ、アメリカン・エキスプレス、グローエの取り組みを紹介する。


ロブ・マーキー   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

フレデリック・F・ライクヘルド   ベイン・アンド・カンパニー 名誉ディレクター兼フェロー

アンドレアス・ダルウィーバー   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF記事:8ページ[約937KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking