2014年7月号 特集 良い価格 悪い価格 記事詳細

■ 特集 良い価格 悪い価格

色褪せないプライシングの原理 最適な価格を実現する8つのステップ

プライシングの難しさは、どの価格がはたして最適だったのか、実行後もわかりにくいことである。製品やサービスの売れ行きがよくても、もっと高い価格をつけるべきだったのかという思いは消え去らない。一方で価格の上昇が利益に直結するため、経営に与えるインパクトは大きい。1%の価格上昇により売上数量に変化がなければ、利益は12.5%も上昇する場合もある。では、最適な価格はどのように設定することができるのだろうか。筆者はこの問いに対し、正しいプライシング・プロセスが最適な価格を導くと説き、本稿ではその8つのステップを紹介する。このようなプライシングの基本を押さえた本稿は、約20年前に書かれたものだが、その本質はいまなお色褪せない。


ロバート J.ドラン   ハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF記事:17ページ[約1,084KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking