2010年11月号 特集2 持続可能な経営 記事詳細

■ 特集2 持続可能な経営

システム転換を可能にする段階的アプローチ クリーンテク経済を活性化させる

クリーン・テクノロジー推進の取り組みの多くは、「エネルギー産業の転換は技術的な問題である」との観点でなされ、新しい技術は既存のシステムに組み込むことが可能だと信じられている。しかし、再生可能エネルギーへの転換に従来の方法で取り組もうとしても無理である。必要なのは、個々の技術を開発することから、システム全体を新しく創造することに焦点を移行することだ。

政府も企業も次の4つの構成要素──システムを可能にする技術、革新的なビジネスモデル、市場に導入するために慎重に策定された戦略、政府の好意的な政策──のバランスを取らければならない。

現時点で、2つの興味深い実験が行われている。一つはベンチャー企業、ベタープレースによる電気自動車ネットワークの構築であり、もう一つはクリーン・テクノロジー領域を確立するためにアブダビ政府が主導するマスダール・イニシアティブである。


マーク W. ジョンソン   イノサイト 共同創設者兼会長

ジョシュ・サスケウィッツ   イノサイト シニア・コンサルタント

PDF記事:15ページ[約1,681KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking