家電も洋服のように
選べる時代へ

Cerevo代表取締役 岩佐琢磨氏インタビュー(後編)

1

Cerevoのような小規模メーカーの台頭により、今後ハードウエアを製作する企業は増加することが予想される。ものづくりベンチャーの台頭で、市場はどのように変化するのか。Cerevo代表取締役岩佐琢磨氏へのインタビュー後編。(前編はこちら

新橋の居酒屋での話を、具現化しているようなもの

――貴社の製品は非常にニッチな層を狙っています。消費者のニーズはどのように捉えているのでしょうか。

写真を拡大
岩佐琢磨(いわさ・たくま)2003年から松下電器産業(現パナソニック)株式会社にてネット接続型家電の商品企画に従事。 2007年12月より、ネットと家電で生活をもっと便利に・豊かにする、という信念のもと、ネット接続型家電の開発・販売を行う株式会社Cerevo(セレボ)を立ち上げ、代表取締役に就任。 既存のビデオカメラをライブ配信機能付きに変えてしまう配信機器『LiveShell』シリーズなどを販売。

 私たちの製品はニーズを満たすというよりは、ウォンツを満たすものに近いと思っています。消費者が何を求めているのか、あまり調べないし、聞きません。おそらく聞いてもこういったものが欲しいということは出てこないと思います。たとえば「金色の車がほしいですか。」と聞いてもおそらくほとんどの人がほしいとは答えないと思います。ただ世界中を見渡してみると、一部どこかに―たとえばどこかの国の大富豪など、金色の車を求めている人はいるかもしれない。私たちのアプローチもそれに近いのだと思います。ただ、モデルチェンジをするときはお客様の話を聞いて、改善していきますけどね。

 世界中のコンサバティブな人たちが買う製品ではない。過剰にシーズオリエンテッドだと思いますが、それがいいと思っています。ニーズオリエンテッドな製品は世の中にたくさんあります。弊社は技術者主導や、技術主導で、世の中にこんなものがあるけどどうですかと提案しています。駄目だったら次はこうだと言ってチャレンジしていく。それが出来る体制をここ4、5年で作ってきました。

 製品あたりの開発コストが非常に低いのが強みです。ゼロから複雑な家電を作るとなると、やれ1億円単位の投資だという話になりますが、小規模でもものづくりのできる環境が整ったことで、非常に安価な数千万円の投資で世の中にないものをつくれます。それは強みだと思います。駄目だったらすぐに引きつつも、これからもこう来たか!というようなものを世の中に出していきたいですね。

1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBRインタビュー」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking