2014年5月号 特集 アナリティクス 競争元年 記事詳細

■ 特集 アナリティクス 競争元年

ビッグデータによる競争は終わった アナリティクス3.0

アナリティクスがビジネスに取り入れられるようになったのは、1950年代のことである。それは主に生産工程や販売、顧客などの企業内のデータを収集・分析したもので、意思決定のパフォーマンス改善に役立った。この状況が大きく変わったのは2000年代半ばである。グーグルなどのインターネットを基盤にした企業やソーシャル・ネットワーキング企業が、新たな種類の情報を蓄積・分析し始めた。いわゆるビッグデータの時代が到来したのだ。そしていま、これらのアナリティクスの技術を用いていっそう価値の高い製品やサービスをつくり出そうとする企業が現れている。新たな段階を迎えたアナリティクスをどう戦略に活かすべきだろうか。


トーマス H.ダベンポート   バブソン大学 特別教授

PDF記事:13ページ[約1,454KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking