どんな経験が意思決定の力を養うか

WiL CEO 伊佐山元氏 インタビュー(前編)

1

2014年3月号(2月10日発売)の特集テーマは「意思決定」。大手ベンチャーキャピタルDCM本社パートナーとして、日本代表も務めた伊佐山元氏。シリコンバレーの最前線に身を置き、ベンチャーの実態に通暁している同氏に、ベンチャー・キャピタリストとしての「意思決定」について、話を伺った。

 

ベンチャーが経済のドライバーだ

編集部(以下青字):ベンチャー支援をライフワークとされたのはなぜでしょうか。

写真を拡大
伊佐山元(いさやま・げん)
株式会社WiL 共同創業者CEO。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)入行。2001年、スタンフォード大学ビジネススクールに留学。2003年より米大手ベンチャーキャピタルのDCM本社パートナーとして、インターネットメディア、モバイル、コンシューマーサービス分野への投資を担当。2013年、ベンチャー起業家の育成と大企業のオープンイノベーション支援などを目的として、株式会社WiLを西條晋一氏、松本真尚氏とともに共同創業。著書に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』(中経出版, 2013年)がある。

伊佐山(敬称略):大学生の時、我が家にホームステイしていたスタンフォード大学の学生から、いかに優秀な学生がシリコンバレーで起業しているか、テクノロジーがいかに世界を変えているのかという話を聞いたのがきっかけでした。当時、紙と鉛筆で大学の講義を受けていましたが、スタンフォードでは皆パソコンを使っていると聞き、ショックを受けると同時に、世のなかを変えつつあるテクノロジーベンチャーとは何だろうと思ったんです。

 そして留学した2001年、実際にシリコンバレーで彼の言葉の意味を実感しました。日本には人との繋がりや世間の目、年齢といったしがらみが多くありましたが、シリコンバレーではそのようなしがらみとは無縁でした。しがらみがないからこそ、大胆なことにもトライできるのです。そして自分がやりたいことを追求し、それに対してスポンサーになってくれる人がいて、一緒にやる仲間ができる。このような、目的を最短で達成するための環境とプロセスを提供してくれる場がシリコンバレーでした。シリコンバレーは、新たな成長力を生む仕掛けとしてすごくいい環境だと思いました。

 日本は少子高齢化が進み、GDPの伸び率も停滞しており、具体的な成長戦略が描けずにいました。日本にシリコンバレーをつくることは、しがらみが多すぎて多分難しいでしょう。しかしベンチャーの仕掛け、シリコンバレー的な要素を取り込めば、日本の将来の成長戦略を描けると思います。だからこそベンチャー支援にこだわっているんです。ベンチャーは経済のドライバーです。そうした支援を行うことで、ベンチャーが生まれやすい土壌をつくることが自分の役割だと捉えています

――ご自身で起業しようとは思わなかったのでしょうか。

伊佐山:元々、学生時代に友だちと会社をつくったり、ビジネススクール時代に友人とビジネスプランをつくっては、外部の投資家が本当にお金を出したいと思ってくれるかどうかを検証したり、そういうことは散々やってきました。ただ、僕はやりたいことが5つも6つもあったんです。そうなると起業家には向かないのでベンチャーキャピタル(VC)に行ったわけです。1つのことをずっとやるよりも、複数のことを同時に進めていいとこ取りをする方がよかったので、VCはうってつけでした。だからこの10年は、支援するとはどういうことなのか、シリコンバレーで学びつくそうと思ってやってきました。

 

1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBR Featureインタビュー」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking