2014年2月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

知識とスキルを身につけるだけではない グローバル・エリートへの道

「グローバル・エリート」とは、たとえば日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏のように、幅広い国際経験を持ち、語学にも堪能で世界的な人脈を活用できる人物だ。彼らは、自社にグローバルな視点を持たせることで価値を創出する能力があり、ビジネスの国際化に伴って、いずれの企業でも必要な人材となっている。こうしたグローバル・エリートは、手の届かない存在と考えがちだが、文化的に多様な組織やグループと関わり、理解する努力をいとわないビジネスパーソンなら、その仲間入りができる可能性も十分にある。筆者たちはそのために必要なことは、まず「思考」と「行動」の双方を通じて、必要な知識、スキル、視点を獲得することだと言う。能力が身についたら、会社と自分自身のために価値を創造し、さらにはグローバルな市民としての責任を果たすべきだと論じる。
 


グレゴリー C. アンルー   サンダーバード国際経営大学院 教授

アンヘル・カブレラ   ジョージ・メイソン大学 学長

PDF記事:8ページ[約1,286KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2002年2月号
    悪しき伝統からの解放
    ルネッサンス:日産復活の真実

    カルロス・ゴーン 日産自動車 社長兼CEO
  • 2008年6月号
    組織で女性の力を生かす
    ジェンダーフリーの論点

    石倉 洋子 一橋大学 名誉教授
    小池 百合子 衆議院議員
    國井 秀子 リコーソフトウエア会長
    本広 好枝 日産自動車インド事業室長
    佐々木 かをり イー・ウーマン代表取締役社長
    内永 ゆか子 ベネッセコーポレーション取締役副会長
    和田 浩子 Office WaDa代表
    ロイ・アドラー ペパーダイン大学教授
    リンダ・バブコック カーネギー・メロン大学政策経営大学院教授
    サラ・ラシェバー ライター
    ミシェル・ジェルファンド メリーランド大学教授
    デボラ・スモール ペンシルバニア大学ウォートン・スクール助教授
    キム・キャンベル 元カナダ首相
    グローバル・アントレプレナーシップ・モニター 
    シーラ・ウェリントン 元カタリスト理事長
    マーシア・ブルーミット・クロップフ 元カタリスト副理事長
    ポーレット・R・ジャーコビッチ ブーズ・アレン・ハミルトン シニア・マネジャー
  • 2011年12月号
    インド発BPO企業の成功物語
    GEの遺伝子を継承し、世界に飛躍する

    プラモッド・バシン ジェンパクト 創業者
  • 2014年2月号
    薄利多売は通用しない
    BOP市場の新たなビジネスモデル

    エリック・シマニス コーネル大学 サミュエル・カーティス・ジョンソン経営大学院 マネージング・ディレクター

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking