ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶ
ベスト経営書2013の結果発表

1

1位は、歴史書のような経営戦略書

 弊誌ハーバード・ビジネス・レビューでは、この度、「ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013」の結果を発表しました。この選書の対象となったのは、2012年11月から2013年10月までに発行された書籍。編集部が読者に「他の人に薦めたい本」「後世に残したいもの」と呼びかけ、3冊まで投票してもらいました。

 1位に選ばれたのは、三谷宏治著『経営戦略全史』。2位は伊賀泰代著『採用基準』、3位は入山章栄著『世界の経営学者はいま何を考えているのか』となりました。

順位 書名 著者名 出版社
1位 経営戦略全史 三谷宏治 ディスカヴァー・
トゥエンティワン
2位 採用基準 伊賀泰代 ダイヤモンド社
3位 世界の経営学者はいま
何を考えているのか
入山章栄 英治出版
4位 MAKERS クリス・アンダーソン NHK出版
5位 不格好経営 南場智子 日本経済新聞出版社
6位 戦略読書日記 楠木建 プレジデント社
7位 経営は何をすべきか ゲイリー・ハメル ダイヤモンド社
8位 イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M・
クリステンセン ほか
翔泳社
9位 LEAN IN(リーン・イン) シェリル・サンドバーグ 日本経済新聞出版社
10位 コトラー8つの成長戦略 フィリップ・コトラー
ほか
碩学舎

 

1位に輝いた『経営戦略全史』と著者の三谷宏治氏

 

 1位に選ばれた『経営戦略全史』は、400頁を超える大著で、定価も2890円と高価です。内容は、過去100年間に登場した戦略コンセプトを一同に並べ、ひとつのストーリーに仕立てて紹介したもので、飽きずに最後まで読み進められます。読者からも「ありそうでなかった、わかりやすい経営戦略の歴史書」「これまでの経営戦略史を理解することで、これからの経営戦略のあり方を考えることができた」「戦略思想・理論の体系が俯瞰できる光緒といえるのではないか」など、単なる入門書の魅力を超えた、著者ならではのストーリー性が評価を得たようです。
著者の三谷宏治さんは経営コンサルタントを経て現在は、K.I.T(金沢工業大学)虎ノ門大学院主任教授であり、次のように語っています。
「本を書く者にとって、読者に評価してもらうことほど嬉しいことはありません。しかも今回、DHBRの読者諸氏に支持されたことには、二重の喜びを感じます。経営戦略論の『初学者にも楽しめるけれど、玄人もうならせる』本への挑戦が実ったからです」

 

1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
ベスト経営書」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking