エバーノート日本法人会長 外村仁氏に聞く
「人間がコンピュータに合わせる社会はおかしい」

DHBRインタビュー [後編]

1

エバーノート日本法人会長の外村仁氏へのインタビュー。後半の今回は、外村氏が理想とする社会の実現について、エバーノートという製品を一例に、語っていただいた。

エバーノートはアイデア創出のためのツール

編集部(以下青字):なぜエバーノートはこれほどまでに世界でヒットしたのでしょうか。

外村(以下略):やはり一番はタイミングがよかったことでしょう。「情報を一元管理する」という命題は昔からあったものだと思いますし、過去にやろうとした会社もあったはずです。もちろん技術的な素晴らしさや経営者の努力も大事ですが、それ以上にタイミングというのは重要な要素です。

 昔のエバーノートは自宅のWindowsマシンに情報を入れ、それを検索するというものでした。それが今や無線接続、常時接続は当たり前。モバイルやらタブレットやらで、どこでもネットに接続でき、クラウドでデータを共有する。そんな「いつでも、どこでも、誰にでも」というインフラが整った時に、新しいエバーノートが登場し、時代にマッチしたことが成功につながったのだと思います。

 

 また、単に効率を改善することで拡大成長する時代は終わりました。今までになかった新たなものを生み出す、あるいは過去の経験が活用できない新たな問題解決が求められる社会においては、いかに多様な情報を活用し、解法を見つけ出すかが重要になります。

 

 過去には新聞の切り抜きだけだった情報の入手手段も格段に増えました。その多彩な情報も、過去のシステムでは入手経路別やデータ形式別に人間が整理する必要があり、横断的に見ることができませんでした。このように使い方が規定されてしまうシステムは、本来の人間社会には適合しないはずのものでした。いい情報はどこから来るかわからないのですから、本当にいいシステムというのは、どこから情報が来てもそれをまとめ、処理することで、いつでもどこでも情報が引き出せるものであるべきです。たとえ少量多品種のどんぶり勘定でインプットしたとしても、何らかのアウトプットが出てくる。そんな人間の思考に近いシステムが、ナレッジワーカーにとって、より重要な時代がやってきたのです。そういう意味でエバーノートに時代が追いついてきたと言えるでしょう。

 

写真を拡大
外村 仁
(ほかむら・ひとし)

エバーノート日本法人会長。1963年生まれ。東京大学工学部卒業後、ベイン・アンド・カンパニーを経て、1992年よりアップルコンピュータ社。同社マーケティング本部長等を歴任した後、INSEAD(フランス)、IMD(スイス)で MBA を取得。2000年にシリコンバレーでGeneric Mediaを共同創業。その後はスタートアップ・アドバイザーとして活躍、2010年より現職。シリコンバレー日本人起業家ネットワーク(SVJEN)の初代代表。Open Network Labのメンターも務める。

――チャネルに関係なく情報をまとめられる機能が求められていたのですね。

 さらに言えば、人間の記憶量には限界があります。毎日たくさんの情報が流れ込んできますが、使っている情報よりも忘れてゆく情報の方がはるかに多いのが事実です。昔の電子ファイリングシステム的発想であれば、大事な情報を保存しておいて必要な時に取り出せばよかったのですが、ストレージが拡大したために、それも破綻してしまいました。大量の情報に埋もれ、そこに何があるかを把握することすら不可能になってしまったわけです。よく、同じものを何度も検索していたりしますよね。まさに時間の無駄遣いです。知っているはずの情報を何度も調べるという行為は、資料はあるけどどこにあるか分からないのと同じです。

 エバーノートに気になったものを、いくつも保存しておくと面白いことが起こるのです。例えば「A社」と検索した時に、「A社の地図」「A社の人の名刺」「A社からのメール」だけでなく、「自分ではB社の情報と分類していたが、A社も関連する情報」だったり、エバーノートビジネスを使えば「会ったこともない海外の同僚が集めていたA社関連の情報」といったものまでも拾い上げてくれるのです。さらには場所や時系列といった情報からの検索も可能であるため、いわゆる「思い出し方」に近いことがいっぱいできます。そこに意識下に沈んでいた情報まで釣り上げてくれるのですから、セレンディピティが起きやすくなります。そうすると新たなアイデアも生まれてくる。エバーノートはそんな画期的な製品で、私はそこに魅力を感じました。私も記憶力はいい方ですが、それでも忘却する方が多いわけです。そんなとき、エバーノートが私の助けになってくれるのです。

 

1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBR Featureインタビュー」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking