2012年10月号 特集 グローバル英語力 記事詳細

■ 特集 グローバル英語力

グローバル競争に欠かせない言語戦略 英語公用語化は必要か

グローバル化に伴い、英語を社内の公用語とする企業は増えているが、社内の抵抗、運用面の不徹底、また生産性の低下などの弊害が生じるケースも少なくない。しかし、社員の不安が解消し、公用語化の意図に納得して自分の能力に自信が持てれば、言語の切り替えは可能である。また、企業も研修やリーダーの率先垂範などの支援策を取ることができる。

本稿では、英語公用語化に体系的に取り組み、成果を収めつつある楽天の事例を中心に、公用語を定着させるためのガイドラインを提供する。


セダール・ニーリー   ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF記事:14ページ[約3,615KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking