2013年11月号 特集 競争優位は持続するか 記事詳細

■ 特集 競争優位は持続するか

事業運営の手法を変える8つのポイント 一時的競争優位こそ新たな常識

 持続する競争優位を確立しなければならないという概念は、これまで永きにわたって信じ続けられてきた。しかし競合他社や消費者の動向は過去に比べてあまりにも予測が難しく、業界も刻々と変化している。
 このような状況下で持続する優位性を持てる企業は稀である。先頭を走り続けるためには、常に新しい戦略的取り組みを打ち出すことで、多くの「一時的な競争優位」を同時並行的に確立し活用していく必要がある。このような優位性は一つひとつは短期間しかもたないかもしれないが、組み合わせることで、企業は長期間にわたるリードを維持できるのだ。
 本稿では、一時的な競争優位を築く時に、企業が陥りがちな7つの罠と、事業運営の手法を変えるための8つのポイントについて論じていく。


リタ・ギュンター・マグレイス   コロンビア・ビジネス・スクール 教授

不確実で不安定な環境における戦略を研究。著書に、本稿に関連するThe End of Competitive Advantage: How to Keep Your Strategy Moving As Fast As Your Business, Harvard Business Review Press, 2013. などがある。
PDF記事:13ページ[約2,406KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking