みんなの力で英語のヒアリング?日常の中の集合知

1

山形浩生氏の連載が始まります!テーマは9月号(8月10日発売)と連動した『集合知』。身近なエピソードから、くすっと笑えるお話まで。なぜいま集合知?集合知は万能なの?そんな疑問もこれを読めば解消されます。

 

はじめに

 ウシの体重を当てようというコンテストで、シロウトたちのあてずっぽうをたくさん集めて平均を取ってみたら、ウシの専門家たちの見積もりより、正確な数字が得られた――これは、集合知に関する通俗書としてかなり早い時期に出たジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』の冒頭に出てくるエピソードだ。

山形 浩生
(やまがた・ひろお)
1964年生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程修了。マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了。大手調査会社に勤務のかたわら、科学、文化、経済からコンピュータまで、広範な分野での翻訳と執筆活動を行う。著書に『新教養としてのパソコン入門』(アスキー新書)、『訳者解説』(バジリコ)、『新教養主義宣言』『要するに』(ともに河出文庫)など。翻訳書に『協力がつくる社会』(NTT出版)、『ヤル気の科学』(文芸春秋)、『貧乏人の経済学』(みすず書房)、『アニマルスピリット』(東洋経済新報社)など多数。

 集合知という言葉には(おそらく)明確な定義があるわけではない。が、人々がこの言葉を使うときに考えているのは、概ねこのエピソードで見られるような事態だ。一部の専門家の持つ高度(とされる)知見は、実はそんなに大したことがないのかもしれない。何も知らないはずの人々が、実は深い知識の片鱗を持っており、それを集約することで専門家をはるかに凌駕する叡智が浮上してくる――そしていまや、インターネットや携帯電話を通じて、そうした多くの群衆の知恵を簡単に集め、まとめ上げることが可能となった。そして、それをビジネスや政治などでも活用できそうだ。こうした期待が、現在の集合知に対する関心の高まりにつながっている。

 並行して、多くの個別情報を集めて統計解析やデータマイニングを行うことで新しい情報を読み取ろうとするビッグデータ解析や、インターネットを通じて多くの人々のちょっとした資金を集めて事業を成立させる、クラウドファンディングのような各種の動きが出てきた。また、一部の製薬企業は社外の製薬とは関係ない分野を専門とする遊軍研究者団のようなゆるいグループを持っていて、社内での研究開発問題をそこに公開すると、別の分野ではその問題がすでに解決済みだったり、あるいは解決につながるまったく別の知見が得られたりする、といった事例も集合知の応用例のような形で紹介されるようになっている。

 ぼくの感覚からすると、こうしたものは集合知からは少し遠いような気もするが、でも何か明確な境界線が決まっているわけではないし、いずれも同じ考え方や技術的な進展に基づく隣接事例だというのはまちがいないことだ。

 こうした最近の動きの事例や、ビジネスへの応用例については、おそらく本特集 ――紙媒体でもウェブ上でも――でそれなりに報告・紹介されることと思う。だが一方で、この発想自体は決して突然出てきたものではない。昔から各種の形で、意識的、無意識的に活用されてきたものだ。本稿では一歩ひいた立場から、少し(いやときにはすさまじく)古い例などを交えつつ考察を進めよう。それを通じて、この集合知の発想が突然出てきた一過性のものではなく、すでに長年の実績を持ち有効性が実証されているものだということを示そう。同時に、そこからこうした手法の応用についての留意点もある程度見えてくるかもしれない。

次のページ  三人寄れば……»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking