2013年9月号 特集 集合知を活かす技術 記事詳細

■ 特集 集合知を活かす技術

単独ではなしえない大きな成果 共創型コミュニティで顧客の問題を解決する

 企業単独では手に余る課題のなかに、大きなビジネスチャンスが見つかることがある。課題が複雑ゆえに、その問題解決には、内外の利害関係者を広く巻き込む必要があるが、それぞれの足並みをそろえることは難しい。
 しかし、そうしたなかで利害関係者を結びつける場をつくり、うまく活用することができれば、それは企業にとって競争優位の源泉となる。
 そこで筆者らが提案するのが、共創(コ・クリエーション)のアプローチである。単なる連携の枠を超えて、変化に対応し有機的に発展するエコシステムを形成するものだ。
 本稿では、医療機器を扱うベクトン・ディッキンソンの事例を基に、共創プロジェクトの導入や展開方法について紹介する。


フランシス J.グイヤール   エクスペリエンス・コ・クリエーション・パートナーシップ プレジデント

ダグラス・ビリングス   プライスウォーターハウスクーパース プリンシパル

PDF記事:11ページ[約2,417KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking