2013年8月号 Serial Article 記事詳細

■ Serial Article

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか [第10回]「フィリップスにできるなら、われわれにだってできる」

 1953年8月12日、盛田昭夫は初めて海外出張に飛び立った。ニューヨークまで50時間もかかる長旅である。
 初めてのアメリカで、盛田はそのスケールに完全に打ちのめされてしまった。
 しかしその後ヨーロッパをめぐり、フォルクスワーゲン、メルセデス、シーメンスと見学を重ね、オランダのフィリップスでついに一つの手ごたえを得る。
 それが「世界のソニー」へのインサイトだった。


森 健二   ジャーナリスト

この論文もおすすめします
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI 待望の日本版創刊 知識から感情的知性の時代へ
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ