2011年6月号 特集 マイケル E. ポーター 戦略と競争優位 記事詳細

■ 特集 マイケル E. ポーター 戦略と競争優位

環境規制は戦略ポジションを強化する [新訳] 環境、イノベーション、競争優位

環境規制は競争力を阻害すると考えられているが、適切に設計された環境基準であれば、製品の総コストを下げたり、その価値を高めたりするイノベーションが促される。企業はそのようなイノベーションを通じて、原材料やエネルギー、労働力など、さまざまなインプット(投入物)をより生産的に活用し、その結果環境負荷を減少させるコストを相殺し、行き詰まった状況に終止符が打てるのだ。

この「資源生産性」が向上すれば、企業競争力は高まる。好例はオランダの花卉業界である。狭い土地と恵まれない気候という、生花栽培には不向きな条件でありながら、バリューチェーンの徹底的なイノベーションにより、環境に配慮したクローズド・ループ・システムを構築した。

環境と資源生産性、イノベーション、そして競争力との関係を論じた本稿は、環境保護と競争力を両立させる方策を示している。


マイケル E. ポーター   ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

クラース・ファン・デル・リンデ   元 ザンクトガレン大学 インターナショナル・マネジメント・リサーチ・インスティテュート 研究員

PDF記事:21ページ[約2,030KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking